<   2004年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

よりそう・うさぎ

その街のメイン通りは、趣と粋にあふれた以前とは変わってしまった・・・
華やかではあるが、どうも直線的に目に刺さるネオンと・・・・
やすっぽい香水に路地が毒されている・・・・・

そこに、ひっそりと“粋”を感じさせる一角・・・そこにある“うさぎ”・・・・

今日はどんな奇術が見れるのか・・・・
・・・・・いや、酒を飲んで粋に語り合おうか・・・・
それとも・・・・・・自分さえ忘れるくらいに酒を“入れ”ようか・・・・

その悩みは、粋な奇術と美味しい酒で一瞬でふきとんだ・・・・

そうだ・・・・今日は酒に寄り添おう・・・・・
・・・・・・・・・今日は心をあたためよう・・・・・

・・・・・・そうだ・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・うさぎで・・・・・・・・・寄り添おう
b0025426_231151.jpg

[PR]
by ft-beauty | 2004-10-27 02:31 |

強く儚きもの

すこし昔のはなし・・・・
儚き勝負の世界で、勝負に対して徹底的に合理主義をつらぬいた男がいた。

“戸山為夫”・・・・競馬界に調教師として身をおき、無敵の人造サラブレット“ミホノブルボン”
を世に創りだした男である。

パドックでみたその馬は、並み居る競合のそれとは一線を画していた・・・・

張り出した筋肉・・・・
際限なく搾られた両足・・・・
体にうっすらと浮かび上がる銭紋・・・・・

神のいたずらによって産みだされたものではなく、勝つ事のために、それも合理的に勝つこと
だけのために産みだされた馬・・・・
その体とその生き方は、それを創りだした男とともに、とても美しいものであった・・・

“鍛えて最強の馬”を創る・・・・・かれの論理はこうだ・・・・・
最終ラップがレコードであれば、必ず勝てる・・・・
ならば、走る距離のハロン(200m)でタイムを割って、ハロンをそのタイムで走りきる馬で
あればよい・・・・
単純明快である・・・・美しすぎる論理である・・・・

馬・騎手・流れ・・・・勝利を左右する基本原則をまったく無視した、原点ともいえるこの論理で
ミホノブルボンは・・・・

桜咲く中山を・・・・・
・・・・・大歓声の府中を・・・・
・・秋深い京都を・・・・・

徹底的な“強さ”で走りぬけた・・・・・圧倒的な“存在”としてその競走馬生涯を終えた・・・

その馬の終焉は、短距離を得意とされていたその性質を無視した3000mの菊花賞・・・

その男は、旧態の常識ではなく、最後まで“自分の信念”に従った、そして

・・・・・・・・・・・・・貫いた・・・・・・・・・・・・・・

最近、こんな美しい現場をネタに酒を飲む事がなくなっていた。
もう一度、見つけにいってみようか・・・・・

強く儚きものたちの夢の舞台へ・・・・

“戸山為夫”・・・徹底的に合理的であったその男は、勝つためには乗り手(騎手)をかえる
べきという言葉が多い中、小島貞博という騎手を最強の馬にずっと乗せつづけさせた・・・・

-「努力した人間が報われるべき」-

彼は、ここでも合理的な論理に従い、それを貫きとおしたのである。
b0025426_224197.jpg

[PR]
by ft-beauty | 2004-10-27 01:58 | 徒然

素敵な女性(ひと)

素敵な女性(ひと)と出会った・・・・
和服をいわゆる~流で着付ける人はあまたいるものだが、その女性は素材を選び
身にまとうものを和服として創り上げ、それをコンセプトをもって着付けていった。

クリエイターと出会うと心が躍る。

やさしい目と、やわらかい笑顔から創りだされるその創作は、ずっと見ていたいと
思うほどの作品だった。

作品は公開できないが、彼女はその思いをこう語った・・・

『原点回帰かな・・・生まれたての人がそこらじゅにあるものを身にまとうの・・・
葉っぱや、木の枝や、空気をね・・・
自分を隠したくて、恥ずかしいって思ったのかな・・・
でもね、気づくの、自分がまとったものをもっと綺麗にしたいって・・・
いっぱい悩んで・・・たくさん試して・・・
そうして出来上がるんだけど・・・・・

その人はこう思うの・・・・

自身に満ち溢れ創りあげた“身のまとい”なのに、恥ずかしくてそれをも隠したいって・・・

だから、それをも隠してしまうの・・・・

それを人に見せなきゃいけない・・・そう思ったとき、自分がどうしてそうしてきたかを
想いかえすのね。。それを見せるということで自信に変えていく過程、それを表現したい
ってことかな・・・・』

やさしくて、経験を重ねた女性(ひと)にしかいえない言葉、そう思える。
[PR]
by ft-beauty | 2004-10-24 08:00 | 徒然

古き宿屋にて恋人を待つひとりの女~終章~

人には想いがあるという・・・
想いが歴史を創るという・・・

古き宿屋にて恋人をまつひとりの女も、そうして思いを歴史にする・・・
育まれた“心”は自ら解き放った“意思”で暴走を始める・・・・

とめたいのか・・・とめないのか・・・気づきもしないのか・・・・

心が歩き出す・・・・おんなが走り出す・・・・・

一歩の距離はあまりにも小さい・・・・
一歩の重さはあまりにも大きい・・・・

気づく・・・・そんな言葉を人は安易に使うが、本当に気づいているのだろうか?
何に気づいていて、何を思ったというのだろうか・・・?

それは・・・・・・・・・“よがり”・・・・・・・・・

でも、その“よがり”が歩みを築く・・・・・・

気づく・・・・・もしその言葉を使うことができるとすれば、その歩みを振り返ることのできる
一瞬だけ・・・・ひとりにひとつの一瞬だけ・・・・・

私にとっての、古き宿屋にて恋人を待つひとりの女の最終章・・・それがこの・・・おんな・・・
b0025426_529741.jpg


佇みはやがて躍動となる・・・・いや・・・・その佇みが躍動なのかもしれない・・・

そのおんなの話は、また回想で・・・・・・
[PR]
by ft-beauty | 2004-10-22 05:31 | アート

浮世の陽炎

私にとって・・・いま見えているこの世界は“浮世”
“浮世”には・・・陽炎がよくにあう・・・・

浮世だからこそ・・・・心がにじむ・・・・
浮世だからこそ・・・・心が騒ぐ・・・・
浮世だからこそ・・・・心が躍る・・・・

浮世では時に沈んで・・・時に浮かぶ・・・・

だから“浮世”はたまらない・・・・

そんな浮世で創るもの・・・・・・・・それが・・・・~陽炎~・・・

陽炎を、見れば見るほど見えてくる・・・・その中に、そっと佇むもの・・・・
陽炎を、見れば見るほど見えてくる・・・・その中で、蒼く萌ゆるもの・・・・
陽炎を、見れば見るほど見つからない・・その中に、何かがありそうでなにもない・・・・

だからこの世は・・・・“浮世”・・・・・

浮世で作る“陽炎”は血をあつくする・・・・

さぁ・・・この次はどんな“陽炎”を興そうか・・・・・・こんな“浮世”で・・・・
[PR]
by ft-beauty | 2004-10-22 05:12 | 徒然

星が欲しくて、車のほろをあけた・・・・

夜が欲しくて、遠回りをした・・・

毎日、夜は逃げていく・・・・終わっていく・・・・
昼・・・・より・・・・夜のほうが好き・・・・

・・・・・・・・・・・創造的で・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・妄想的で・・・・
・・・・猥褻で・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・卑猥で・・・・・・・・・・

なのに星は清らかに遠くに瞬く・・・・近くない・・・・・

だから星が欲しくなる・・・・汚したくなくる・・・・・

ほろをあけた車から手をのばして、汚したくなる・・・・・

そんな夜だから、月はいつもいやらしく反射する・・・・

今度、そんな月をじっと見つめながら・・・あの星に手をそっと伸ばしてみよう・・・
[PR]
by ft-beauty | 2004-10-16 02:53 | 徒然

こころに棲む鬼・・・・
からだに棲む鬼・・・・
あたまに棲む鬼・・・・

鬼は変幻自在に顔をだす・・・・

自由を奪った時・・・自由が奪われた時・・・・
目覚めさせてはいけないものを自覚した時・・・・
目覚めさせてはいけないものを自覚させられた時・・・
一人の自分を創られた時・・・・・・
一人の自分を創った時・・・・・

じっと目を見る・・・・
いやいつも見てるようにではなく・・・

そう・・・その目のもっと奥を・・・・そう・・・ずっと奥を・・・・

そこに鬼が見える・・・・
鬼はそこで見せる・・・・

人に芯があるなら・・・・
鬼はその芯を振るわせる・・・・
振るわされた芯は・・・人をかえる・・・・

人はまた・・・・震えたいと想う・・・・・

それが・・・鬼・・・・・

鬼の・・・・仕業・・・・・
[PR]
by ft-beauty | 2004-10-16 02:37 | 徒然

昼時に見つけた酒

先日、ランチをした場所で見つけた酒。

やっぱり目がいくのは焼酎だ・・・・
昼からいっぱいひっかける訳にもいかず・・・
棚に並んだ瓶に思わず目が酔うのを感じる・・・

おや・・・・日頃とってもお世話になっている人の名前が半透明な瓶に・・・

b0025426_2185219.jpg


・・・どんな味がするんだろう・・・

。。。酒の選び方。。。

そういえば、酒の味・・・なんてものがわかりもしない若輩の頃から私はどうやって
酒を選んでいたのだろう・・・・そんな事がふと頭をよぎった・・・・

卑猥な理由からシェーカーを振っていた頃・・・・・
いわれあるカクテルのその理由を噛み砕くようにステアし・・・シェイクし・・・そのいわれ
を目の前の女(ひと)に語ったりした頃・・・・

スコッチやバーボンに男を照らした頃・・・・
その旨みもわからずに・・・行きなれないBARに足を運んで、随分老齢のバーテンダー
に、スコッチやバーボンの銘柄を伝えた頃・・・・

一生涯の友人と寂れた串焼やで語り合った頃・・・
慣れ親しんだ酒ではなく、冷酒を二合頼んで、おまえもな・・・なんて言いながら酒をつい
だ頃・・・

そうだ・・・・・口にする前から酒の味なんて・・・わかりもしなかった・・・
昼時であったこの焼酎・・・そう・・・・酒との出会いはいつもこんな感じだった・・・・

・・・・偶然で・・・
・・・・気まぐれで・・・
・・・・無責任で・・・・

だからなんの躊躇もなく浮気する・・・・
だから骨のずいまで惚れこむ・・・・・
[PR]
by ft-beauty | 2004-10-16 02:25 |

うさぎ

その店はとある街の趣きある路地を曲がった場所にある。

BAR・・・・その言葉だけでは言い表せないその店は、まさに月夜の“うさぎ”

ふるき民家を改修して創られたその店内は、暗調で落ち着く・・・・
入口のボーイに誘導されて席につく・・・

数分後、“月夜のうさぎ”に別界に誘われる・・・・・

奇術師・・・カウンターに現れたその者は、

いとも簡単に・・・・コインを消す・・・
いとも簡単に・・・・カードをあてる・・・・

ふと隣に座っていたスペイン人は世界NO1の奇術師・・・・
カウンター越しに見る奇術に心を奪われている、その横で・・・・
彼は、いとも簡単に“赤いカード”を“黒いカード”に変えて見せた・・・・

マジックを嗜みながら酒を嗜む店・・・・

数年前から何軒かある事は知っていたが、“うさぎ”は何かが違う・・・・

酒がすすんでいるせいなのか・・・
暗調な店内のせいなのか・・・・

そこは確かに・・・・“月夜のうさぎ”・・・
いとも簡単に・・・・・・こころが奪われる・・・・・・
b0025426_8402063.jpg

[PR]
by ft-beauty | 2004-10-09 08:42 | 徒然

ほろを開けるべき季節がきた。

正直はもうちょっとあとなのかもしれない・・・風がちょっと肌寒く、降り注ぐ日の光がまろやか
に体を包むころ・・・・

・・・・・秋・・・・・

そうだ・・・あの道を走ってみよう・・・

そうだ・・・あの角をまがってみよう・・・

そうだ・・・自分の知っている“そこ”から先に行ってみよう・・・

今までは日の光がまぶしすぎる・・・気温が下がって澄み渡った空気の中に見える・・
・・・・・ひかりのそそぎ・・・

ほろを開けたボックス(運転席)は世界と一体化する・・・・

そこからしか見えない世界・・・
そこからだけ見える世界・・・
手を伸ばせばつかめる風・・・

自然はあまり好きではないが、このときだけは、自然に戻ってみたいと思う・・・
生まれた場所に帰ってみたいと思う・・・・
[PR]
by ft-beauty | 2004-10-06 03:06 |