一気

その夜、強烈な面子が集合した。
夜の長さが一瞬になった。男たちの笑顔に夢が見えた。

役者を目指して、役者になり、猿之助の後ろで舞った男!!
最高の安定を捨てて、自らの夢に向かって走っている男!!
日本のラップは俺が創ったと轟々するB-boy??!!
商業デザインに自らの身を置きなかず飛ばずのピカイチのデザイナー!!

・・・・その他もろもろ・・・・・男ばかり・・・・

まさに・・・・・・男祭り!!

酒は味わうもの??・・・いやいれるもの。
味わう??・・・・・いや流し込むもの。

そんな時代を彷彿とさせる強烈な時間が流れた。

一年に一度、いや数年に一度の夜であった。昔はこんな事を毎週くりかえしてたのに!!
なんて事を酒の肴に、とにかく “飲む” 。
記憶・・・・そんなものは一瞬に消えうせた。
追憶・・・・そんなものは一蹴で消し去った。

こいつら、心に 日本刀 を隠している!!

・・・・そして・・・・・

いまでもピカピカに磨いている。。
その刀に酒がしみこむ。いや・・・しみこませる。

あと・・・10年・・・いや15年・・・・この男たちとともに、今一度。

・・・・・・一気・・・・・・・・
[PR]
by ft-beauty | 2004-12-31 20:33 |


<< こころの刃(やいば) 曙の女神 >>