塩・・・・少々

料理を作る・・・・いや・・・・創る・・・・

目がさめるるような緑の青菜を一口大に切り落とす。
たけのこを薄くスライスして熱したフライパンでさっと火を通す。

油ののったベーコンと、取り分けたシメジをさっと炒める。
ゆであがったパスタを混ぜ合わせる。

さぁ・・・・そこでだ!!!!

・・・・・・・・・塩。      “少々”・・・・・・・

料理の話と思うことなかれ。

あなたは、この “少々” を共有できる 男 を選んでいますか?
あなたは、この “少々” を共有できる 女 を選んでいますか?

料理という創造物はこの“少々”が、“少々どころではない”肝になる。

この “少々“ の食い違いが男と女の夜と未来を決定づける。

“少々”・・・・多いのか、はたまた少ないのか、この加減が、

・・・・・・・・男と女の・・・・・・・味を際立たせる・・・・肝・・・・なのである。
[PR]
by ft-beauty | 2004-12-11 02:49 | 徒然


<< 曙の女神 バクダットカフェ >>